まずこちらからお読みください。

注意!! 間違ったヒアリング学習法では4年間英語を聞き続けても英語は聞こえるようにはなりません。私自信が身をもって経験しました。 今でこそ英語とスペイン語を習得した私が教える、多くの人が間違えている英語ヒアリングの学習法はコチラ

ドラマで学ぶ英語表現 バーンノーティス059

前回のシーンで、ご近所さんのシュガーをうまく追い払ったマイケルは、昨日バリーに紹介してもらった美術商のところに行きます。しかし、そこでもめぼしい情報もなく、ついにマイケルはある1つの結論にたどり着きました。

すなわちそれは、これは保険金詐欺であると。それを証明するために、依頼主であるパイン氏の自宅に盗みに入ります。

そこで、盗みのテクニックというか、それについて、マイケルのナレーションが入ります。それが以下です。

I never run around in the bushes with a ski mask when I’m breaking in someplace.
If you get caught trying to find proof that someone robbed his own house for the insurance money, you are going to be in for an awkward conversation.
You want to look like a legitimate visitor until the very last minute.
If you can’t look legit, confuse works almost as well. Maybe you get a soda from the fridge or a yogurt. If you’re caught, you just act confused and apologize like a crazy for taking yogurt. Nothing could be more innocent.

さて、今回はとても長文ですが、いい感じに色々な文法も使われていますし、練習問題にしたいと思います。まずはご自分で何も見ないでうまく意味が取れるかやってみてください。その上で、ある程度できたら、一番下の訳と照らし合わせてください。また、ちょっと難しいなと感じたら、ヒントを見てみてください。

<単語>

bush やぶ

awkward 気まずい

legitimate 正当な、適法の (legitも同じ)

<ヒント>

2行目、you get caught trying to find proof まず、catch A BingでAがBしているところを捕まえたという意味になる。

また、to不定詞はtryの目的語となる名詞的用法

4行目 lookは見るではなく、見える

5行目 workは働くではなく、作用するのような意味

<正解>

俺はどこかに押し入るときは、スキーマスクをかぶってやぶの中を走ったりなどしない。
もし、誰かがその人自身の家に保険金のために盗みに入った証拠を見つけようとしている時につかまったら、とても気まずい会話をしなければいけないからだ。
最後の最後まで正当なお客として見えているのが得策だ。
もし正当な客に見せるのが無理なら、混乱も同じようにうまく働く。おそらく、冷蔵庫からソーダかヨーグルトをとって。そして、もし使ったら、混乱したようにふるまって、頭がおかしいくらい冷蔵庫からヨーグルトを取ったことを謝るとよい。それ以上に無実に見えることはない。

目次へ

告知エリア

海外ドラマや映画で英語を勉強するなら、これが一番使いやすくて安くて便利です!!
まずは2週間の無料トライアルで!

huluを使った英語学習方法の解説はコチラ

当サイトが最もオススメする英語教材です。

アンチ英会話スクールな管理人ですが、どうせ行くならここが一番です。
トライアルレッスンで違いを確認してみてください。