まずこちらからお読みください。

注意!! 間違ったヒアリング学習法では4年間英語を聞き続けても英語は聞こえるようにはなりません。私自信が身をもって経験しました。 今でこそ英語とスペイン語を習得した私が教える、多くの人が間違えている英語ヒアリングの学習法はコチラ

ドラマで学ぶ英語表現 バーンノーティス023

前回までは、銀行口座もクレジットカードも職歴もないような、首になったスパイの惨状をマイケルのナレーションで知ったわけですが、どうしようもなくなったマイケルはまずは自分の関係者にコンタクトをしようとします。会話の中の最初の行はテレフォンオペレーターの女性、あとは全部マイケルのセリフです。会話はところどころ省略されています。

ちなみに、ドラマでは、この電話のやりとりの間中少年が電話越しに大声を上げるマイケルに見入っている絵がとても面白いですね。ぜひ見てみてください。

Hello I need to speak with Dan Siebels.
I’m sorry there is no one here by that name.
中略
I worked with him for 15 god damn years.
中略
Don’t hung up on me.

もしもし、ダン・シーベルにつないでくれ。
申し訳ありませんが、そのような名前の者はおりません。
俺はやつとは15年も一緒に働いているんだ!
切らないでくれ!

このシーンも、数回前のホテルの会話と同じような、旅で使えそうな会話集編です。対して難しい文法項目もないですが、電話のかけ方の参考にしてみてください。まあ、「そんな名前の人いません」とは滅多に言われないでしょうが…。

1行目、これはマイケルが長年働いていたオフィスに電話をしているので、I needとしていますが、はじめてのところなどはI would like to speakにしたほうが丁寧でいいと思います。

2行目は丁寧な表現ですね。このような表現方法を覚えておくと、英語の表現の幅が広がりますね。ビジネスでも使えそうな表現です。最も間違い電話くらいでしか使えなそうですが・・・。

3行目、こちらは文法項目です。ここではマイケルがCIAのハンドラーと15年も一緒に働いたというのを表現するのに、I worked with him for 15 years.となっていますね。

完了形を勉強した人なら、「おっ、マイケル文法間違えてるぞ!」と思うかもしれませんが、これは、マイケルのほうがあっています。というより、ドラマのセリフだし、ネイティブだし、あっち側の文法間違いは意図的ではない限りはめったにないと思います(笑)

現在完了の継続用法は過去の時点から今まで続いていることを表現する用法で、マイケルの場合はすでにスパイを首になっているので、現在は彼とは働いていないのです。だから、続いていない、つまり、現在完了は使えないことになります。

過去のある点から現在であれば、現在完了ですが、過去のある点から過去のある点であれば、過去形で表せることになります。もちろん過去完了形で表しても間違いではないと思いますが、過去形でも表現できます。現にマイケルは過去形を使っていますし、そちらのほうがすっきりしていますね。

最後に単語。hung upは着るです。hold onやhold the lineだと、電話を切らずにお待ちくださいの意味になります。電話を取り次ぐのに、間違えて、hung up, pleaseと言わないように気をつけてくださいね。

目次へ

告知エリア

海外ドラマや映画で英語を勉強するなら、これが一番使いやすくて安くて便利です!!
まずは2週間の無料トライアルで!

huluを使った英語学習方法の解説はコチラ

当サイトが最もオススメする英語教材です。

アンチ英会話スクールな管理人ですが、どうせ行くならここが一番です。
トライアルレッスンで違いを確認してみてください。