まずこちらからお読みください。

注意!! 間違ったヒアリング学習法では4年間英語を聞き続けても英語は聞こえるようにはなりません。私自信が身をもって経験しました。 今でこそ英語とスペイン語を習得した私が教える、多くの人が間違えている英語ヒアリングの学習法はコチラ

ドラマで学ぶ英語表現 バーンノーティス017

前回まではあるホテルの中で目覚めたマイケルが、その横になぜか座っていたフィオナと会話をする場面でした。

そして、フィオナとの会話の結果、ナイジェリアからアメリカのマイアミになぜか連れてこられたこと、そして、マイケルの財布の中に入っていた緊急連絡先がフィオナになっていたからフィオナが横にいたこと、さらにはマイケルの母にマイケルがマイアミにいることが知られてしまったことなどがわかりました。

今回は、そのホテルから外に出て、マイケルがいよいよ行動を開始します。

今回は、行動を始めながら、以下にマイアミがスパイにとってよくないかのナレーションが入ります。今回はそのナレーションの一部です。

Most people would be thrilled to be dumped in Miami.
Sadly, I am not most people.
Spend a few years as a covert operative and sunny beach just look like a vulnerable tactical position with no decent cover.

ほとんどの人はマイアミに連れて行かれると聞けば、喜ぶだろう。
悲しいことに、俺はそのほとんどの人ではない。
スパイとしてある年数を過ごすと、太陽がさんさんと降り注ぐビーチが、良い隠れ場所に乏しい、攻撃されやすい作戦上のポジションに見えてくる。

まず、最初の行から見ていきましょう。

最初の動詞thrillはよい意味で興奮するとか、嬉しいという意味です。よく出てくる動詞ですね。次に、wouldに注目してください。こちらのwouldは未来形の過去ではなく、仮定法的な使われ方をしているwouldです。仮定法や仮定法的な表現方法では、if文が出てこない場合も多いので、覚えておきましょう。その際には、助動詞過去形のwouldやcouldがだいたいついていますので、これらが出た場合は、要チェックしてください。

ここでの仮定は、もし一般の人がマイアミに連れてこられたら、捨てられたら、という仮定の話をしています。そうしたら、would be thrilledなのです。

そして、もう1つ。ここに、dumpという動詞がありますが、これもよく使われます。ダンプカーのダンプで捨てるという意味があります。そして、この動詞、彼氏や彼女に捨てられたという表現をするときにも使います。I was dumped by him. のように。

次に最後の文です。まず、これは動詞から始まっていますが、命令文ではありません。その後のandも含めて、○○して、そして××というような感じの文になっています。

Covert operativeはスパイですね。vulnerableは攻撃されやすいや隙だらけという意味です。また、後半の文のlookは見るではなく、見えるという意味ですね。Look likeで○○のように見えるです。そして、構文としてはSVCになります。Be動詞以外にもSVCの文章はあります。

目次へ

告知エリア

海外ドラマや映画で英語を勉強するなら、これが一番使いやすくて安くて便利です!!
まずは2週間の無料トライアルで!

huluを使った英語学習方法の解説はコチラ

当サイトが最もオススメする英語教材です。

アンチ英会話スクールな管理人ですが、どうせ行くならここが一番です。
トライアルレッスンで違いを確認してみてください。