まずこちらからお読みください。

注意!! 間違ったヒアリング学習法では4年間英語を聞き続けても英語は聞こえるようにはなりません。私自信が身をもって経験しました。 今でこそ英語とスペイン語を習得した私が教える、多くの人が間違えている英語ヒアリングの学習法はコチラ

ドラマで学ぶ英語表現 バーンノーティス010330

サムの仕掛けにより、すっかり仲間の2人が裏切ったと思い込んでしまった詐欺集団の親玉クエンティン。裏切り者をさっさと殺して、今までの詐欺で稼いだ金を持ってマイアミを脱出しようとたくらんでいます。

しかし、それを阻止するために、クエンティンの車のエンジンが動かなくなる仕掛け、フィオナがもしものために仕掛けたその仕掛けを使うことにしたサムでしたが、フィオナが配線を間違えてしまい、車は大爆発。

計画はもはや泥沼の状態に。クエンティンが不審を抱いてマイケルの携帯に全く出なくなってしまっただけではなく、港で派手に爆発騒ぎを起こしてしまったため、またもやFBIがマイケルを監視することになってしまいました。もはや絶体絶命です。

そんな状態での3人の会話が以下になります。

M: Fiona, you were supposed to stop the car, not blow it into the Everglades. What happened to shorting the ignition?
F: Well, you said disable. It’s not going anywhere.
M: You know what I meant. I almost had him. I was this close. The FBI is back. I’m under surveillance again. Sam, I thought you were supposed to handle that.
S: Mike, there’s only so much I can do. I got to tell the suits why we’re down at the marina, to keep them off our back, but if somebody starts blowing up cars down at the marina,
F: Remind me why you’re friends with someone who put the FBI back onto you.
S: That is so unfair.

<訳>

M: フィオナ。お前は車をふっ飛ばすんじゃなくて、止めることになっていただろう。イグニションをショートさせるのはどうなったんだ?
F: 車を無力化するって言ったから。どうにもなってないじゃない。
M: 俺が言った意味は分かっていただろう。もう少しで奴をこっちのものにできたのに。あとすこしだったのに。FBIが戻ってきてしまった。また奴らの監視下だ。サム、お前が奴らを何とかしてくれるんじゃなかったのか?
S: 俺ができるのはその程度だ。奴らを引き離すには、なぜ俺らがあの時マリーナにいたか言わなければいけないが、誰かさんがマリーナで車をふっ飛ばしたんなら…
F: なんであなたがFBIをあなたの後ろに尾行させた張本人と友達なのかその理由を思い出したわ。
S: そいつは不公平ないいぶんじゃないか。

<解説>

まず、この文章群のかなめとなる表現を見ていきましょう。それが、were supposed toです。これは前にもbe supposed toで見てきた表現ですが、ここでは、過去形になっていますね。

過去形になっていると、本来するはずだったのに、しなかったことという意味になります。I was supposed to be rich.だと、金持ちになるはずだったのに、という意味になります。本来する予定で何かが起こってできなかったことから、かなり願望に近いものまで表現することができます。とにかく、「○○が起こる予定だったのに」「○○をする予定だったのに」という意味になります。

これで見ていくと、今回の文章にはフィーとサム、それぞれする予定だったのに、していない事が書かれていますね。Fiona was supposed to stop the carとSam was supposed to handle the FBI.ですね。

次に行きましょう。サムのセリフからです。there’s only so much I can do. これはthere isの文章ですね。○○があるという文章です。さらに、文章後半にもう1つSVが出てきていますね。ここには関係代名詞があります。Iのまえに関係代名詞thatが隠されていますね。私ができることという関係代名詞の意味になります。

さて、there is so much I can doだと、私にできることはたくさんあるという意味になりますが、ここにonlyが出てきていますね。すると、私にできることは対してないという意味になります。

その次のフィオナのセリフに行きます。まず、最初に動詞が来ていますが、これは「思い出させろ」という命令形ではないですね。Itが省略されています。さらにその次に関係副詞のwhyが来ていますね。さて、ところで、whyの次のyouはサムでしょうか?マイケルでしょうか?

さらにその次を見ていきますと、あなたは誰かと友達だ、と言っていますね。そして、その次に関係代名詞のwhoが出てきています。これは主格の関係代名詞ですね。関係詞節を見てみると(someone)put the FBI back onto you.と言っていますね。あなたをFBIに追わせた誰かといっていますね。それと友達である理由、それをフィオナに思い出させると言っているのですね。つまり、FBIに追われている人、さらにその原因となる人物となる友達の人、そう、答えはマイケルですね。ここのyouはマイケル、つまりこの会話はフィーがマイケルに話しかけている会話ですね。敢えてサムに聞こえるように言っている。

最後に、この部分の訳をまとめますと、そのことはあなた(マイケル)がなぜあなたのことをFBIに追わせた人物と友達なのかを思い出させる、という意味ですね。

目次へ

告知エリア

海外ドラマや映画で英語を勉強するなら、これが一番使いやすくて安くて便利です!!
まずは2週間の無料トライアルで!

huluを使った英語学習方法の解説はコチラ

当サイトが最もオススメする英語教材です。

アンチ英会話スクールな管理人ですが、どうせ行くならここが一番です。
トライアルレッスンで違いを確認してみてください。