まずこちらからお読みください。

注意!! 間違ったヒアリング学習法では4年間英語を聞き続けても英語は聞こえるようにはなりません。私自信が身をもって経験しました。 今でこそ英語とスペイン語を習得した私が教える、多くの人が間違えている英語ヒアリングの学習法はコチラ

ドラマで学ぶ英語表現 バーンノーティス010329

前回のシーンでは、クエンティンが最悪のタイミングでサムが仕掛けたものを発見してしまったのでした。

クエンティンはサムが仕掛けたものを発見したことによって、自分の部下2人、グレッグとボニーが自分を裏切ったとしっかり信じ切ってしまいました。そして、2人を殺して、金を持ってマイアミを出ていこうとしています。

そこで、サムがマリーナに行って、クエンティンの行動を見はっています。もしクエンティンが出かけていったら、それは2人を殺しに行くことですから、何としてもそれを止めなければいけません。そこで、フィーが車に仕掛けた装置の出番です。これで車を動かなくできます。しかしフィーの仕掛は・・・。

以下、クエンティンを見はっているサムとマイケルの電話での会話です。Mがマイケル、Sがサムのセリフ、それからNがマイケルのナレーションです。

M: If Quentin leaves the boat, our plan is in serious trouble.
S: Yup, just calm down. He’s here. I can see him walking around on the boat.
M: You got to make sure he doesn’t go anywhere.
S: Don’t worry about it. I’ll keep an eye on him.
M: He’s planning on killing Greg and Bonnie then blowing out of town with the money.
S: He’s coming out right now. Tell you what, I’ll use Fiona’s gizmo. I’ll just zap the car.
M: Call me when it’s done.
N: That’s what happens when you wire a cell phone to a blasting cap in the gas tank instead of the electrical system.

<訳>

M: もし今クエンティンがボートから出ていったら、俺らの計画はマジでやばくなるからな。
S: ああ。落ちつけよ。奴はここにいる。奴がボートの周りを歩いているのが見えるよ。
M: 奴がどこにもいかないようにしないといけない。
S: 心配するな。俺が見張っているよ。
M: 奴はグレッグとボニーを殺して、金を持って町からずらかる気だ。
S: 奴が出てきたぞ。フィオナの機会を使うぞ。奴の車を動かなくしてやる。
M: 終わったら電話してくれ。
N: 携帯電話を電気系統の代わりにガソリンタンクの点火装置につなぐと、こういうことになるんだ。

<解説>

まず、サムのセリフから見ていきましょう。I canのところです。ここは単純な文章なのでおそらく分かるかもしれませんが、ちょっと文法的解説をします。まず動詞のseeに注目してください。seeは他動詞なので、目的語を取りますが、その後に現在分詞walkingが来ていますね。これはどういうことなのでしょうか?

seeは目的語の後に動詞を取って、目的語が○○しているのを見るということを表すことができます。これは通常動詞が原形となるのですが、その動作の違いによって、現在分詞になったり、過去分詞になったりします。

動作がまさに現在進行していることであれば、現在分詞、目的語に来る人・物が何かをされたのならば、過去分詞になります。例えば、I saw you walkなら、あなたが歩くのを見たです。I can see you walkingなら、あなたが歩いているのが見えるです。I saw him punched. なら、彼が殴られるのを見た。です。

次に、最後のマイケルのナレーションに来ましょう。ここにはwhatが出てきていますね。これは何でしょうか?これは関係代名詞ですね。関係代名詞whatはかなりよく使われます。だから、早くに慣れてしまいましょう。

これはどういった意味でしょうか、これは起こることという意味ですね。the thing which happenという関係代名詞に直せます。また、関係詞節の中には動詞happenしかないので、主語が無いですね。つまり、これは主格の関係代名詞です。the thing とit happenがくっついたものですね。ですから起こることという意味になります。that’sがついて、それが起こることです、となりますね。

これだけだと意味不明なので、when以下で詳しい解説があります。それがどういう時に起こるものなのかというと。blasting cap in the gas tankは車に詳しくないので、あまりよくわかりませんが、blasting capは雷管という意味があります。ガソリンタンクの中の雷管、おそらく、バッテリーから繋がって、エンジンをスタートする時にガソリンを点火する点火装置のようなものでしょう。つまり、ここでは、あなたが携帯電話を電気系統の代わりにガソリンタンクの点火装置につなげる時に起こることがこれだということですね。

目次へ

告知エリア

海外ドラマや映画で英語を勉強するなら、これが一番使いやすくて安くて便利です!!
まずは2週間の無料トライアルで!

huluを使った英語学習方法の解説はコチラ

当サイトが最もオススメする英語教材です。

アンチ英会話スクールな管理人ですが、どうせ行くならここが一番です。
トライアルレッスンで違いを確認してみてください。