まずこちらからお読みください。

注意!! 間違ったヒアリング学習法では4年間英語を聞き続けても英語は聞こえるようにはなりません。私自信が身をもって経験しました。 今でこそ英語とスペイン語を習得した私が教える、多くの人が間違えている英語ヒアリングの学習法はコチラ

ドラマで学ぶ英語表現 バーンノーティス010316

今回もバーで、詐欺師のボス、クエンティンと話しているシーンです。マイケルはクエンティンからマデリンの友達、ローラの金を取り返すためにクエンティンを捕まえようとしています。そのためにはクエンティンに信頼され、詐欺師のクエンティンに対してこちらも詐欺をしなければいけません。

そこで、まずはクエンティンに信頼されるため、彼の行きつけのバーで彼に近づき仕事の話を持ちかけますが、警戒心の強いクエンティンはマイケルを信用せずに、さらには、警察にマイケルの身柄を引き渡そうとします。それに対して、マイケルは別のアプローチをします。

以下が今回のシーンです。Nがマイケルのナレーション、Mがマイケルのセリフです。

N: Sometimes you have to decide just how committed you are to pretending you are who you say you are.
M: Anyone ever tell you you’re bad at making friends? Paco said you had some issues, but I like to give people a chance. That’s just how I am. This is what happens.

<訳>

N: 時々、人はどれだけ一生懸命自分の役に徹するかを決めなければいけない時がある。
M: 誰かお前が友達を作るのが下手だって言ったか?パコはお前にはいくつか問題もあるといってたが、俺はチャンスを与えるのが好きだ。それが俺ってやつだ。そして、これがこれから起こることだ。

<解説>

1行目、これはちょっと一見難解な文章ですね。こういう文章は前から区切ってみていきましょう。まず、you have to decide just how committed you areまで。最初のhave toはもう大丈夫ですね。これは○○しなければいけないですね。

次にこの文章の主文の動詞decideが出てきますね。何かを決めなければいけないと言っていますね。そして、次にはhowがでてきます。これは何でしょうか?どのような意味のhowでなぜここに出てきたのでしょうか?

これは間接疑問文のhowですね。ここでは、how committedと繋がって、どれだけそれにコミットするか?という意味になっていますね。なぜhowの後ろにcommittedなのかというと、how muchなどと同じですね。how much it isとか、how good you areなどと同じように、どれだけ○○なのか、の○○が今回はcommittedだから、howの後ろに来ています。そして、間接疑問文なので、言葉の並び順はyou areです。さて、ここまでで、どれだけあなたがそれにコミットするか決めなければいけないとなりますね。

では、続きを見ていきましょう。to以下はまず、be committed to ingで、○○することを真剣にやるという意味になります。そこでpretendingがなぜingなのか、これは構文というかイディオム、英語のルールという事で理解できますね。まず、ここのpretendingで切れます、そして、pretendingの目的語として、you are who you say you areがきます。1つのまとまりの節がまるごとpretendingの目的語、すなわち○○のふりをするの○○になります。

ここで出てくるwhoは関係代名詞whatと同じような役割です。I like what you likeで私はあなたの好きなものが好き、という意味になるのは分かりますでしょうか?関係代名詞whatが分からない場合は文法の項で復習してください。さて、whoもwhatと同じように、例えば、I like who you areのように使うことができます。whatの場合はthing whichでえすが、whoの場合は同じように分解してもいいでしょう。とにかく間接疑問文でちょっとピンとこない場合は、先行詞を含んだ関係代名詞のような感じで見てみるとしっくりくることもあります。

ちょっと長くなりましたが、全体を見ると、まず、you have to decideであなたは決めなければならない、how committed you are to pretendingでどれだけ一生懸命ふりをするか、you are who you say you areで、あなたがあなたが言った誰であるかを、です。

最後の文はちょっとわかりにくいので、さらに説明すると、you are who you areなら、あなたはあなただ!という意味ですね。これにyou sayを加えると、あなたが言ったあなた、つまり、あなた自身が「私はこういうものです」といったあなた、という意味ですね。それのふりをするということです。

ちょっと長くなりましたので、今回はここで切りましょう。

目次へ

告知エリア

海外ドラマや映画で英語を勉強するなら、これが一番使いやすくて安くて便利です!!
まずは2週間の無料トライアルで!

huluを使った英語学習方法の解説はコチラ

当サイトが最もオススメする英語教材です。

アンチ英会話スクールな管理人ですが、どうせ行くならここが一番です。
トライアルレッスンで違いを確認してみてください。