まずこちらからお読みください。

注意!! 間違ったヒアリング学習法では4年間英語を聞き続けても英語は聞こえるようにはなりません。私自信が身をもって経験しました。 今でこそ英語とスペイン語を習得した私が教える、多くの人が間違えている英語ヒアリングの学習法はコチラ

ドラマで学ぶ英語表現 バーンノーティス010305

前回までのシーンでは、家に不法侵入した何者かを探すために、その何者かが残して言ったマイケルの行動を陰から撮った写真をもとに、犯人を探そうとしていたのでした。そして、母親のマデリンに、不審人物を最近見なかったか聞いたところ、政府の関係と名乗る人物が家に来たとのことでした。

今回は前回の話の続きで、マイケルがその政府の関係者と名乗る人物についてマデリンに質問していくシーンです。前回に引き続き、Maがマデリン、Mがマイケルのセリフです。

M: What did they talk to you about? What did they ask?
Ma: I don’t remember. You know, the doctor says what’s wrong with me could be affecting my memory.
M: Your memory’s fine. If there is anyone who could use a little memory loss, it’s you.
N: My mother’s understanding of my career changes with what she wants from me. One day she can name everyone on the National Security Council, the next day she thinks I work for the post office.

M: その人らは何について話してきたんだ?何を聞いてきた?
Ma: 覚えてないよ。いいかい、医者が言うには、私の体の不調が記憶にも影響している可能性があるって。
M: あんたの記憶は大丈夫だ。もし、記憶障害を何かに利用できるがいるとすれば、それは母さんだよ。
N: 俺の母が思う俺の仕事は、彼女が俺から何を欲しているかによって変わる。ある日には、彼女は国家安全保障会議のメンバーの名前を全て言えるし、次の日には、俺が郵便局で働いていると思っている。

今回はマデリンのセリフから見ていきましょう。you know以下を見てください。これも長い文章ですね。そして、ちょっと複雑です。最初は主語がdoctorで、Vがsaysですね、そして、その後にthatが省略されて、言った内容がthat節の中に書かれています。ここまではいいですね。さて、that節の中がちょっと複雑です。まず節の中のSVから探していきましょう。Sはなんでしょうか?

Sはwhat’s wrong with meですね。このwhat、よく、what’s wrong with youという文が使われるからと安易に間接疑問文だと思いこむと、分からなくなってしまうかもしれません。これを関係代名詞として訳すと分かりやすいですね。The thing which is wrong with me could be 〜、こうすると、私の悪いところが、とすんなり訳せますでしょうか?

そして、V,これは簡単ですね。be affectingですね。その前にcouldがありますが、これは可能性の意味です。単なるcanの過去形ではないですね。その可能性があるという意味になります。さて、文章全体では、私の悪いところが私の記憶に影響しているかもしれないと医者が言った、となりますね。

次のマイケルのセリフ、ここは前回に引き続き、thereが出てきてますね。前回のをやってない人は、ちょっと前回に戻ってみてください。さて、ここはifが冒頭に来ているから、これはもしの意味です。もし、there is anyoneで誰かがいれば、その誰かを関係代名詞が説明しています。そんな人かというと、少しの記憶欠損を使える人、ですね。ちょっとまんま訳すと分かりにくいですが、ちょっと記憶喪失を利用できる人、的なニュアンスですね。それはあなただといっています。この文章のような表現でもthere isが使われているという例でした。

今回はちょっと長いですが、もうちょっとなので、次に行きましょう。次はマイケルのナレーションの部分です。ここも文章が長いです。こういう時こそSVを見分けるのが大事です。では、Sは何でしょうか?

これは、My mother’s understanding of my careerですね。ここの’Sをisと勘違いしてしまったら、ちょっとややこしくなりますね。この部分は、私の仕事に対する私の母親の認識となります。なぜ、ここがisではないのか?それはunderstandingの後ろにofがついているし、さらにその後に、本当のV、changeが来るからです。

さらに、この文章のややこしさは続きます。このV、動詞changeの目的語、これも長いですね。what she wants from me、このwhatは関係代名詞のwhatになるでしょうか、彼女が私に欲しているものとなりますね。それにより、彼女の私の職歴に対する認識が変わる、という文でした。

ちなみに、分かりやすく訳すと、彼女が私に対して何を望んでるかによって、彼女が思う私の就いている職は変わる、あまり分かりやすくなってないかもしれないですね・・・(笑)

目次へ

告知エリア

海外ドラマや映画で英語を勉強するなら、これが一番使いやすくて安くて便利です!!
まずは2週間の無料トライアルで!

huluを使った英語学習方法の解説はコチラ

当サイトが最もオススメする英語教材です。

アンチ英会話スクールな管理人ですが、どうせ行くならここが一番です。
トライアルレッスンで違いを確認してみてください。