まずこちらからお読みください。

注意!! 間違ったヒアリング学習法では4年間英語を聞き続けても英語は聞こえるようにはなりません。私自信が身をもって経験しました。 今でこそ英語とスペイン語を習得した私が教える、多くの人が間違えている英語ヒアリングの学習法はコチラ

ドラマで学ぶ英語表現 バーンノーティス002

次のシーンは、前回のシーンである組織と待ち合わせをしていたマイケルが、黒いベンツで乗り付けてきた人たちの車に乗せられ、ボスのところまで運ばれていくシーンです。

隣には銃を持った男2人に囲まれ、とても窮屈そうで、マイケルは彼らに「メルセデスはSUVも出しているって知っているか?」と皮肉を込めたジョークを飛ばしています。

次の文章は、そんなシーンの中で、銃を構えた男に「おまえはFBIか?」と聞かれた際のマイケルのナレーションです。

Fact is, a lot of spies don’t work for the CIA.

CIA agents have all sorts of restrictions. Things they can do, things they can’t do.

Independent contractors can be more flexible.

事実、多くのスパイはCIAで仕事をしていない。

CIAの職員にはたくさんの規制がある。彼らにはできることとできないことがある。

独立系の請負人はもうすこし柔軟だ。

ちょっと長い文章ですね。まず1行目は特に難しくなはいですね。A lot ofはmanyなどと同じような意味で「たくさんの」という意味の単語です。

ちなみに、manyは可算名詞(数えられる名詞)だけ、muchは不可算名詞(数えられない名詞:money informationなど。)だけですが、a lot ofは両方に使えます。

2行目のsort of はkind ofと同じで、○○の種類のという意味です。ここでは、allがついて、all sort ofで、「諸々の」というような意味ですね。

Things they can doの部分は、最初のthings にあとのthey can do全体が修飾語としてthingsにかかっていて、直訳すると、「彼らができる物事」となります。

Of course, as far as your average third-world gunman is concerned, an American in a suit is CIA, period.

訳 もちろん、平均的な第三国のギャングにしてみれば、アメリカ人にスーツはCIA、以上。

ここで注目なのは、as far as ○○ concernedという表現です。

As far as I am concerned he is right.のような形で、○○にしてみれば、とか、○○に関する限りという意味になります。例文の意味は、私にしてみれば、彼は正しい。という意味になります。

ちなみに、ここの例文では、as far as 〜 concernedの「〜」の部分が非常に長いですが、例文の「I」が「your average third-world gunman」になっただけなので、仕組みさえ分かれば簡単ですね。

最後のperiodは日本でいうと「以上」とか「これで話はおしまい!」というニュアンスで良く使われます。

例えば、I don’t love you, period.と言われれば、「あなたのことなんて愛していないの!以上。」なんて感じですね。periodの他にも、「end of conversation」や「end of discussion」なんて言葉もよく使われます。

目次へ

告知エリア

海外ドラマや映画で英語を勉強するなら、これが一番使いやすくて安くて便利です!!
まずは2週間の無料トライアルで!

huluを使った英語学習方法の解説はコチラ

当サイトが最もオススメする英語教材です。

アンチ英会話スクールな管理人ですが、どうせ行くならここが一番です。
トライアルレッスンで違いを確認してみてください。