まずこちらからお読みください。

注意!! 間違ったヒアリング学習法では4年間英語を聞き続けても英語は聞こえるようにはなりません。私自信が身をもって経験しました。 今でこそ英語とスペイン語を習得した私が教える、多くの人が間違えている英語ヒアリングの学習法はコチラ

受動態

英語で通常一般動詞などを使うとAは○○に△△したと表現されます。

でもAはするだけでなく、○○になにかされることもありますよね。

例えば、誰かに刺された!とか、○○に殴られた!とかいう場合に。

英語では、このような場合には受動態という用法を使って表現します。

受動態の基本はとてもシンプルで、

Be動詞 + 過去分詞

になります。

例えば、

I was stabbed in my back. → 私は背中から刺された。

この文章のように、Be動詞(was)+ 過去分詞(stabbed)の組み合わせで、受動態の文章になります。

逆にこの文章を能動態(普通の文章)に直すと、

I stabbed him in the back. → 私は彼を背中から刺した。

となります。

なお、誰かにというのをつけたい場合は、byをつけます。

例えば、

I am liked by her → 私は彼女に好かれている。

のような感じで

目次へ

告知エリア

当サイトが最もオススメする英語教材です。

海外ドラマや映画で英語を勉強するなら、これが一番使いやすくて安くて便利です!!
まずは2週間の無料トライアルで!

huluを使った英語学習方法の解説はコチラ

アンチ英会話スクールな管理人ですが、どうせ行くならここが一番です。
トライアルレッスンで違いを確認してみてください。