まずこちらからお読みください。

注意!! 間違ったヒアリング学習法では4年間英語を聞き続けても英語は聞こえるようにはなりません。私自信が身をもって経験しました。 今でこそ英語とスペイン語を習得した私が教える、多くの人が間違えている英語ヒアリングの学習法はコチラ

比較2

今回は比較級の説明です。

前回紹介した原級はAとBは同じくらい○○だという文章でしたが、比較級とはその名の通り、AはBより背が高いとか、AはBよりかしこいとか、AはBよりお金持ちだとか、そのような表現をするときに使います。

文章を作る際の注意点としては、形容詞や副詞が比較級という形になるということです。これは形容詞や副詞の後にerをつけるだけですので、そんなに難しくはないですね。そして、動詞の過去形のように不規則変化(haveがhadになったり、tellがtoldになったり)はありません。

たとえば、私は彼より背が高いという文章を表現したい場合は、I am taller than himというような形になります。比較したい対象(ここでいうと「him」)の前に「than」を置くのを忘れないようにしましょう。

比較級は簡単ですね。

ここで、いくつか例文を

You are smarter than me. → あなたは私より賢い

He is stronger than you. → 彼はあなたより強い

I like you better than him. → 私は彼よりもあなた法が好きだ。

She woke up earlier than him. → 彼女は彼よりも早起きした。

目次へ

告知エリア

当サイトが最もオススメする英語教材です。

海外ドラマや映画で英語を勉強するなら、これが一番使いやすくて安くて便利です!!
まずは2週間の無料トライアルで!

huluを使った英語学習方法の解説はコチラ

アンチ英会話スクールな管理人ですが、どうせ行くならここが一番です。
トライアルレッスンで違いを確認してみてください。