まずこちらからお読みください。

注意!! 間違ったヒアリング学習法では4年間英語を聞き続けても英語は聞こえるようにはなりません。私自信が身をもって経験しました。 今でこそ英語とスペイン語を習得した私が教える、多くの人が間違えている英語ヒアリングの学習法はコチラ

助動詞

英語の助動詞とは、canやmay、mustのことで、動詞の前に置くことにより、色々な意味を持たせることができます。

助動詞は例文で覚えていきましょう。

I can speak English. (私は英語が話せる)

I must study English (英語を勉強しなければいけない)

May I have your passport? (パスポートを拝見できますか?)

Shall we dance? (踊りましょう)

I should study English. (英語を勉強すべきだ)

I could study English. (英語を勉強できた)

You might have to study English. (英語を勉強しなければいけいないかもしれませんね。)

ちなみに、各助動詞の意味は、canは「できる」、mustは「しなければならない」、mayは「してもよい」、shallは「しませんか?」、shouldは「すべきだ」、couldはcanの過去形で「できた」、mightは「かもしれない」、というような意味になります。

なお、これ以外にも意味があるものもあります。

目次へ

告知エリア

当サイトが最もオススメする英語教材です。

海外ドラマや映画で英語を勉強するなら、これが一番使いやすくて安くて便利です!!
まずは2週間の無料トライアルで!

huluを使った英語学習方法の解説はコチラ

アンチ英会話スクールな管理人ですが、どうせ行くならここが一番です。
トライアルレッスンで違いを確認してみてください。